ミトミのこの名称も大混乱の原因だ、現在分詞

みなさんこんにちは、英語英会話コーチのワーグナーミトミです。今回は英語学習者を混乱させる文法用語のひとつである、現在分詞についてお伝えします。この用語も実際の性質から大きくはずれています。このはずれっぷりが、英語学習者を混乱させています。この用語に惑わされず英語力をつけていきましょう。ではスタートです。

さて、今日も英語学習しているサトル君です。

これがサトル君の見ている文ですな。

play   ingマンにより王権停止されてるカス

was   王権停止技がかかっていない王

という王関係です。王ひとりです。OKです。

おや、サトル君、まずい点が気になるようです。

なるほど、日本語の説明に

現在分詞

と出ているのですな。たしかにこの文の時制は現在ではありません。過去王の was なので、過去です。でも playing には、現在分詞という名称がつけられているのですな。

こういうことになると哀愁がふっとぶ、やはり哀愁の英語コーチです。

was    過去形

playing   現在分詞

時制は王の was できまるので過去です。ただ現在分詞という名称で説明されると~ing のほうは

現在なんだな

と思ってしまう英語学習者は少なくありません。

王権停止状態の ~ing は時制を表わす力はありません。それなのに

現在分詞

という名称は英語学習者を混乱させています。ワーグナーミトミは、指導中に現在分詞という古来からの?文法用語は口にしません。

現在分詞かならずしも現在ではない

これではわかりにくいです。ここで英語学習が頓挫する人がいます。気をつけてください。

英語の検索はワーグナーミトミで。