ミトミのこれが英語力つける練習だ、並べるんだ

みなさんこんにちは、英語英会話コーチのワーグナーミトミです。今回は英語力をつけるのに、一番効果的な練習方法をお伝えします。それは言うまでもなく、日本語の文を英語にするいわゆる英作文ではありません。ネイティブの心に日本語は存在していません。英語だけでネイティブの心は動いています。日本人も英語だけで心を動かす方法を学び、練習するのが最良、最高の英語力増進法です。この英語だけで心を動かす練習を可能にするだけでなく、とても容易にするのが

ワーグナーミトミ英語の奥義 王権停止

です。ではその実例を見ていきましょう。始めます。

さてさて今日も英語学習してるサトル君です。

並べる問題ですな。Where の W が大文字ですか。did と say はくっついてますな。

なるほど、いい作戦です。

お、基本の疑問文ができました。

いいですねー、サトル君。サトル君の英語力の成長がうれしいのか?偶然路上で出くわした時にサトル君を助けてきている、正体不明、謎の哀愁英語コーチも幸せそうです。

お、サトル君が did you say を挿入しました。

しかしもともと王がいるところに、did you say をもろにぶちこんだだけです。say も王なので王ふたり状態になってしまいました。このままではこの国は王ふたりで崩壊します。

ひとつの文に王はひとり

このワーグナーミトミ英語の真髄を、ワーグナーミトミ亡き後引き継いでいく運命の少年、サトル君が知らないワケがありません。さてどうするサトル君?

この時間に英語力が成長します。

素晴らしいぞ、サトル君!透明人間バージョンの接続詞 that があるな、と気がつきました。

 

あれ?王権停止の力を示す赤い矢印が出てきてません。どうしたのでしょう?

どうも that の後ろの文が、疑問文並びのままなのがまずいようです

おっと、ここで自分のネイティブ心に浮かんだことがパターンにガタガタ言ってくる、謎のネイティブ男の乱入です。やはり疑問文並びのままなのが、ネイティブの心に浮かぶパターンと違うようです。

疑問文並びを普通並びにしたら、王権停止赤い矢印が出てきました。これにて王はひとりになりました。すべてはOKです。

英語学習をけた外れに容易にするワーグナーミトミ英語の極意 王権停止 をフル活用して、英語力をグイグイ増進させていきましょう。

それでは今回はこれにて。

英語の検索はワーグナーミトミで。