ミトミの名称廃止だ!過去分詞という名称がもたらす混乱

みなさんこんにちは、英語英会話コーチのワーグナーミトミです。今回は長年英語指導で使用されてきている文法用語が、多くの英語学習者を混乱させ、英語学習引退へと追い込んでいるケースをお伝えします。文法用語で混乱させられるなんて、もってのほかです。そんなことされちゃたまらないです。そんなことされないために、今回のエピソードをお届けします。始めます。

さてさて今日も英語学習してるサトル君です。

これがサトル君の見てる文ですな。

王は is ひとりです。liked は3マンにより王権停止されてます。OKです。

あり?英文はOKなのにどうしたのでしょう?

なるほど、liked に

過去分詞

という文法用語が使われていたのですね。あれ?この liked は過去ではないぞ

好かれている(~されている)

という 3やられテイスト を出してるだけです。時間は is王が示しています。現在です。

こうしたことには哀愁をかなぐり捨てる、やはり哀愁の英語コーチです。

こうした迷い方をする英語学習者に、ワーグナーミトミはかなり遭遇してきています。これは英語学習引退の危機です。

先日もこの

過去分詞という名称

で、わけがわかんなくなってた生徒を救出しました。いやー危ないところでした。

1王 現在王  2王 過去王  カスの3 時間テイストなし

です。動詞なのは1王と2王だけです。カスの3は動詞ではありません。

過去分詞なんて名称は無視、拒否、否定しまくりましょう。そうして英語力を増進していきましょう。カスの3とふりきった英語学習者はドーンと英語力をつけてきてます。

それでは今回はこれにて。

英語の検索はワーグナーミトミで。