ミトミの WHOSE THE !この並びはなんだ?HIS THE があるのか?

みなさんこんにちは、英語英会話コーチのワーグナーミトミです。今回は通常ではありえないのでは?という並びがネイティブの心に浮かぶ正解だつた!というケースをお届けします。もちろんなぜありそうもない並びがネイティブの心に形成されるのか?のプロセスを、ワーグナーミトミならではの、ねちっこい詳細な、ワンセンテンスも飛ばすことなき執念の解説でお届けします。それではどうぞ。

今日もひたすら英語学習のサトル君です。

順番並べですな。

サトル君、whose ネタには自信があるようです。よくあるバージョンにも、たまにあるバージョンにも。

これはたまにあるバージョンのほうです。

お、サトル君、並べてしまいました。

なにやら whose マスターのようですな。

おおっと、ここで英語力の閃きの「うっ」です。

王がふたり

という英語で最悪の状態に気がつきました。

たしかに王がふたりいます。こりゃダメのダメです。ほかのことはともかく

王ふたり

だけはダメです。

王ふたり

がネイティブの心に浮かばないのですから。

王権停止技で王をひとりにします。

whose で文がはじまってないので、whose から後ろを疑問文並びから普通文(肯定文とかいうやつ)並びにします。間接疑問文などと日本で言われている技です。

こうなるとただの疑問詞だった whose が王権停止力を獲得、王がひとりになりました。OK終了~。

こうしたプロセスを経て

whose the ring

がネイティブの心に浮かびます。

his the ~

なんてありえない並びです。でも

whose the ~

は出現します。

それでは今回はこれにて。

英語の検索はワーグナーミトミで。