ワーグナーミトミの受動態、驚愕の真実

みなさんこんにちは、英語英会話コーチのワーグナーミトミです。今回は自動詞、他動詞がいかに重大な影響を英語全体におよぼすか、の一例を紹介します。それは日本で受動態と呼ばれ、教えられているものです。この受動態は、

be プラス 過去分詞

として日本で教えられています。この受動態、ほとんどの日本人がその真実の姿を知りません。

be プラス 過去分詞

として教えられ、そのまま受け入れざるをえないからです。このことは日本人の英語習得にとてつもない障害になっています。この障害を一日も早く取り除かねばなりません。そのために今回このお話をします。今回のお話を知れば、あなたはえー!と驚愕しますが、とても重要なことを知ることになります。それがあなたの経験になります。

通常の受動態の教え方は

Masao liked Yoko.
やり  王  やられ

やる物体の Masao, 王の liked, やられている物体の Yoko です。この やられているYoko を前に出して、動詞を be プラス 過去分詞 にする、と教えられます。

Yoko  was  liked     by Masao.
やられ 王 3マンつぶし  やり

ワーグナーミトミのサイトをみているあなたなら、おなじみの光景ですね。

Masao liked Yoko.
では王だった liked という動詞は
Yoko was liked by Masao.
では3マンに王権を停止させられ王権を失っています。こうなるともうネイティブは liked を王と、動詞と感じません。ここまでは3マンによる王権停止、というワーグナーミトミ英語の基本通りです。

さて、次の文はどうでしょう。

Masao ran.

あれ?この文には やり物体 の Masao しかいません。ran の後ろに やられ物体 がありません。ran がネイティブの心に自動詞パターンで浮かぶので、すぐ後ろに別の物体が来ないのです。考えて別の物体をもってこないのではなく、とにかく浮かばないのです。これはどうにもならないので、受け入れるしかありません。

さて ran の後ろにやられ物体がありません。ないものを前にもってこれるでしょうか。できません。空気を出すしかない? 前に出すやられ物体がないので、受動態がネイティブの心に浮かぶことはないです。

日本語では、 私は走らされた と受動態になりますが、これは日本語です。英語と日本語は対応していません。日本語にあてはめて英語を習得しようとすると、栄光は赤道直下にあるのに北極に向かうことになります。ネイティブの英語心を日本人にそのままもってくるワーグナーミトミ英語でいくのです。

もうひとつの文

Masao became a star.

物体は Masao と a star です。ここで後ろの a star を前に出して受動態にする、をネイティブはしません。なぜでしょうか?

それはMasao と a star が同一物体だからです。同一物体を やられ物体 とネイティブは感じないのです。

スターはマサオによってなられた、と日本語では受動態になりますが、それは英語ネイティブの心には起こりません。

A star was become by Masao.

これはネイティブの心に浮かびません。なのでダメです。

つまり、自動詞をネイティブは受動態にしない、ということです。多くの参考書にある

受動態は be プラス 過去分詞

ではなく

受動態は be プラス 他動詞の過去分詞

ワーグナーミトミ流にすると

受動態は be王 プラス 3マンに王権停止させられてる元別物体王

です。

日本人が受験、英検、TOEIC, TOEFL で受動態の答えをえらんで正解できないケースは非常に多いです。それは今回のお話の内容を知らないためです。でもこのことを知ったあなたは大丈夫、大きなきな1歩を踏み出しました。また心が英語で動くネイティブの心に大きくせまりました。英語があなたの心にネイティブのように浮かぶ日に大きく進んでますね。

最後までお読みくださりありがとう。

英語の検索はワーグナーミトミまで。