世界最高にわかる3単元

みなさんこんにちは、英語英会話コーチのワーグナーミトミです。今回は最初に日本人が英語がわからなくなる理由である、3人称単数現在といわれているものについてお話します。これがよくわからん、というのが英語がわからなくなるスタートです。あなたは今日この最初の難関を突破できます。 それがあなたの経験になります。

 

最初の絵です。 オレは走る。

 

I run.

この人走ります。走る自分のことを思ってます。この場合runにsはつきません。

次のケースです。

You run.

この人走る相手に、君は走る、ともろに言ってます。この場合にもrunにsはつきません。

Yosio and Takao run.

ヨシオとタカオのことを話していますね。ヨシオとタカオが走ることを話題にしています。2人のことをウワサしているのですな。まだsはつきません。

Yosio runs.

ヨシオが一人で走っています。タカオはいないです。ヨシオ一人ウワサしています。ここではじめてsがつきました。

そうです、一人の今の暮らしぶりのウワサをする時につくのが3人称単数現在とか言われている s がつくのです。

自分のことを語る 俺トーク

I like baseball.

相手にもろ言う おまえトーク

You like baseball.

ウワサはウワサでも2人以上のことを語る あいつらトーク

ではネイティブはsはつけません。

Yoshio and Takao like baseball.

1人のウワサをする  あいつトークのときだけネイティブはs をつけるのです。

Yoshio likes baseball.

一人うわさ、一人の今の暮らしぶり、を思い語るときだけネイティブは王様の動詞に  をつけるのです。これだけ気にしてればいいのです。難しいことはないです。もうこれであなたは3人称単数現在?などというものに悩まされません。英語の大きな壁を越えましたね。

英語の検索はワーグナーミトミで。