夏恋ーレッドオーシャンにて

 夏恋ーレッドオーシャンにて

作詞 作曲 ワーグナーミトミ

(元気な女子の歌声が突如としてやってきました。夏の恋の情景です。)

だってあなたへの想い もう止められない

夏の水平線

ねえあなたに届いて あなたも感じて

高鳴る胸の鼓動を

やっとわたしの願いがかなって 今あなたとふたり

夏の渚をそよぐ風が今 ふたりを包んでく

ずっと想ってたから ずっと恋してたから

いつもあなたのことを わたし

きっと想いは届く きっと応えてくれる

せつない恋心に

ぎゅっと柔らかなその手を 両手で握って

わたしのほほに当てる

ちょっとびっくりしたよな とまどおったような

横顔かわいいわ

 

栗色のあなたの長い髪に そっと唇寄せる

甘い香りがわたしを包んで うっとり夢心地

肩に回してくれた 暖かな手のぬくもり

幸せ感じる 沈む夕陽が

ふたりを鮮やかな オレンジに染めてく

キラキラと水面が光照り返す 海は深紅のダイヤモンド

今ふたりほほ寄せ合い ささやくひと時

時を止めたい

~ピアノソロ~

今あなたの腕の中 やさしく抱かれて

波の音を聴いてる

ぎゅっとからめあった指先 ふたりの心が

ひとつに溶けていく

だってあなたへの想い もう止まらない

夏の星座の下

もっとあなたを感じたい わたしを感じてほしい

重なるふたりの唇

夢に見た このひと時

波が奏でる ふたりの愛のプレリュード