ミトミの こんなこと?が人生の岐路を決める!日本語ネイティブにしんどいケース

みなさんこんにちは、英語英会話コーチのワーグナーミトミです。今回は医学部受験まっただ中の生徒との授業中に遭遇したケースを、エピソードテーマにお届けします。今回のケースは日本語ネイティブ英語学習者にとっては「面倒でやってられない」ことの最右翼にいるものです。しかしこれを無視して英語学習を続けていると、英語力が頭打ちになっていきます。なにより緊急の課題の、人生の岐路を決める重大試験に勝利できません。重大な勝負に勝ちましょう、エピソード807スタートです。

本日も英語力上級者への道を突き進むサトル君です。

これが見てる問題ですか。(  )に何か入りますな。

選択肢はふたつ、さあどっちでしょう?

まあたしかに普段は気にしていないことです。でもこうした問題に正解だせるかどうか?が人生の重大な岐路を決めることがあります。

違いは2には of があることですな。

さあ、どっちにする、サトル君?

of があるほうにしました。

おわっと、ここで謎のネイティブ男の乱入です。ええ、of なんか心に浮かんだことがない!

そっちがポイントだったかー。

discount は C 名詞バージョン(いわゆる可算名詞)で英語ネイティブの心に浮かびます。pen と同じです。

I have pen.

は英語ネイティブの心に浮かびません。

I have a pen.

I have pens.

I have the pen.

I have my pen.

pen になにかついて、英語ネイティブの心に浮かびます。discount も同じです。

a がついてます。good という形容詞もついてます。

この five year old は、good と同じ形容詞です。このケースでは、s なしの year が英語ネイティブの心に浮かびます。

この five percent も形容詞なので、percent に s が英語ネイティブの心に浮かびません。

そして形容詞に関係なく、discount は C 名詞なので、a が英語ネイティブの心に浮かびます。

前置詞 of で区切られている2のほうは、discount に何もついていません。discount は C 名詞なのに。こりゃダメです。

こちらが英語ネイティブの心に浮かぶ正解でした。名詞の U名詞(不可算名詞)、C 名詞(可算名詞)は習得が大変です。ただこれを無視して英語学習していては、英語力上級者への道は開けません。

英語力上級者の道を進みましょう。

それでは今回はこれにて。

英語の検索はワーグナーミトミで。

 

DSC_1064