ミトミの 戦慄!これを放置していたら英語習得は不可能、BE ARRIVED の惨劇

みなさんこんにちは、英語英会話コーチのワーグナーミトミです。今回は高校2年生との授業中に遭遇した、「出た出たこれだー!、これをやっちまうんだよなー」というケースを、エピソードテーマにお届けします。とにもかくにも、日本語ネイティブ英語学習者の英語習得を阻止している元凶です。昨日も今日も明日も、この元凶が放置されています。これでは日本語ネイティブ英語学習者の英語習得が、とてつもない困難を極めるのは当然です。こんな重大案件を放置しておけない、日本語ネイティブ英語学習者の救世主ワーグナーミトミがお届け、エピソード801スタートです。

お、英語学習してます、してます、サトル君。

おや、これが見てる日本文?どうやら英作文のようです。

これがその英文ですか。

ありゃ、なんか地響きがしてます。

通りすがりのあんちゃんが、興奮して突っこんできました。このあんちゃんが異常な執念燃やす自動詞、他動詞がネタのようです。

どうやらこの文は、英語ネイティブの心に浮かばないダメ文のようです。

ではちょいと検証してみましょう。

これが自動詞 arrive の基本文です。arrive は自動詞バージョンで英語ネイティブの心に浮かぶので、これで終わりです。

arrive は自動詞バージョンで英語ネイティブの心に浮かぶので、直後に名詞が英語ネイティブの心に浮かびません。at のような前置詞が、英語ネイティブの心に浮かんでしまいます。もちろん、英語ネイティブ自身はこれを意識していません。無意識なのが第一言語です。

この at Nagoya station は、この文の正式メンバーとは、英語ネイティブは感じていません。なくても文は完成しています。完成のピリオドが打てます。となると

この状態がこの arrive 文の正式メンバーです。でもこれでは

前に出すモンがありません。これが他動詞となると

Masao liked gold.

直後に名詞が英語ネイティブの心に浮かびます。これなら

Gold was liked by Masao.

のように受動態が英語ネイティブの心に浮かびます。この

gold

のような

前に出すモンー目的語 と現行の英文法では言われます

自動詞 arrive の文には存在していません。これでは受動態にしようがありません。

ところが日本語ネイティブ英語学習者は、受動態を

be プラス 過去分詞

と正しくはない説明をされているので

Masao arrived.

Masao was arrived.

などとやってしまうのです。こりゃ後ろにあるものを前に出してないです。こんな文は英語ネイティブの心に浮かびません。

この間違った受動態が、日本語ネイティブ英語学習者の英語習得を壊滅的に阻害しています。正しい受動態は

be プラス 他動詞の過去分詞

です。

え、そんなのがいるんですか!

ちょっとひとつのエピソードに入れるにはトピック盛りすぎになるので、この犯人は別のエピソードで。

それでは今回はこれにて。

英語の検索はワーグナーミトミで。