ミトミの 極限の恐怖!日本の英語教育を破壊している必修の一文がこれだ

みなさんこんにちは、英語英会話コーチのワーグナーミトミです。今回は日本の英語習得を破壊している!それなのに公然とこの瞬間も当たり前のように指導されている、恐ろしさ極限のケースがエピソードテーマです。このケースをワーグナーミトミが教えると、生徒はもう驚天動地の驚きようです。この国では今回の戦慄のケースを知らないで、すべての英語学習者が英語を学習しているので、英語習得が困難を極めるのは当たり前です。この壊滅状態に出現、前例も後例もなし、唯一無二の英文構造学者ワーグナーミトミがお届け、エピソード802スタートです。

本日も英語学習、いいですね=、サトル君。

これが見てる文ですか。こりゃ中学のテキストにある、受動態の定番文ですな。

was    動詞(王)

laughed      過去分詞で動詞停止(王権停止)

という文構成です。この文を

Masao was laughed by  Mami.

と書いてしまいバツくらうのも、中学時代の定番です。

おや、地響きがしますぞ。

ええ、この文のせいで、日本語ネイティブは英語わかんなくなってる?この一文がそんなとてつもないことをしてるんですか!でもこの文、中学の定番テキストに載ってますけど。

はあ、まあ見てみましょう。

何を見たんだ?サトル君。

そう書いてあるんですか、わざわざ。ってことは

何ですと~!ってことは

これは自動詞の文です。come は自動詞バージョンで英語ネイティブの心に浮かぶので、これで終わりです。

前に出すもんがないので、受動態にしようがありません。空気を前にだしての受動態?んなこと英語ネイティブの心に浮かびません。

come は自動詞バージョンで英語ネイティブの心に浮かぶので、名詞の前に前置詞が英語ネイティブの心に浮かんでしまいます。

to Nagoya

この

前置詞 名詞

は文のメンバーではありません。そのため前に出して受動態にする気は、英語ネイティブの心に起きません。よってこの文の

受動態は存在しません。

なんと

Mami laughed at Masao.

Masao was laughed at by Mami.

この中学でやらされる受動態は、

例外

だったのです。これを

例外と知らされず

教えられてしまうので、この国の英語学習者は

すべての英文はbe プラス 過去分詞で受動態になる

と信じ込んで生涯を終えてしまっているのです。これでは生涯ずーっと、英語がわからなくて当然です。

受動態は

be プラス 他動詞の過去分詞

です。これは英語学習のスタートです。

それでは今回はこれにて。

英語の検索はワーグナーミトミで。