ミトミの HOWEVER 事故頻発、混乱の元凶は接続副詞という分類だ

みなさんこんにちは、英語英会話コーチのワーグナーミトミです。今回はそれに関して事故が頻発するケースを、急いで緊急報告します。ライティング試験でこれをやったら大失点ものです。そしてこの混乱が生じる原因である根本原因にも、今回の中で触れていきます。まずはとにかく、今日もおきていること間違いなしの事故を無くすためのエピソード683スタートです。

本日もバッコンバッカン、ドッコンドッコン、英語学習で前進しまくるサトル君です。

これが見てる文ですか。

気になるところがあるようです。

いいですね~サトル君。

こりゃ王がふたりのダメ文です。however は usually と同じ

副詞

です。王権停止力のカケラもありません。

お、この文は王がひとりのOK文です。この however は

接続詞

です。because と同じで王権停止力があります。ただし

he is busy

という通常の並びではなく

busy he is

という形容詞が前に出ている変則並びでないと、ネイティブは however に王権停止力を感じません。王権停止力を持つ接続詞に however がなるときは、この変則並びがネイティブの心に浮かびます。英語は英語ネイティブの言語です。英語学習者はこのネイティブパターンをフォローしましょう。

日本語ネイティブを混乱させている文法用語に

接続副詞

なるものがあります。今回のテーマ however も、現行英文法では

接続副詞

とされています。この分類は

接続的テイストをもつ副詞

という

テイスト分類

からきています。この テイスト分類 が紛らわしい元凶です。ワーグナーミトミは、この紛らわしい接続副詞に関して重大な発見をしてきているので、ワーグナーミトミワールドで公開していきます。

それでは今回はこれにて。

英語の検索はワーグナーミトミで。