ミトミの 今日も起きたぞ!繰り返される悲劇 GO TO ,VISIT

みなさんこんにちは、英語英会話コーチのワーグナーミトミです。今回は繰り返される悲劇がエピソードテーマです。この繰り返される悲劇は、とにかく重要なことを素通りして英語を指導していることに起因しています。英語学習のスタートから指導の重要要素として、指導する必要があるテーマです。今日は医学部合格を目指す生徒を指導しましたが、やはり今回のテーマをまったく意識することなく英語学習を続けてきていました。今日ことの重大さを知り、ふったまげていました。悲劇を繰り返さないための、エピソード678スタートです。

おっ、本日も英語学習しまくるサトル君です。

何を見てしまったのでしょうか?

この文を見ましたか。

サトル君が書いた文ではないようです。

通りすがりのあんちゃん が興奮するネタです。

とにかくこの重大な要素が、日本の英語教育から欠落しています。ここで今一度、重大ポイントを新たに改良を重ねたバージョンで整理していきます。

これが基本スタート文です。

おおっと、もうひとつの文が、ネイティブの心に浮かんでしまいました。そのもうひとつの文にも王がいるので、王がふたりになってしまいました。こりゃ英語で何が何でもダメな状態です。

そこでネイティブは、このダメな状態から脱出します。the city という同じ物体があるので、それを合体させます。

合体しただけでは王権停止力がでないので、the city2号を変身させます。変身により王権停止力が発動、王はひとりになりました。これにてOKです。

to が文の最後にあることが大事です。go の直後に物体がネイティブの心に浮かびません。物体の前に to が浮かびます。この to はなんとなく消えたりしません。

サトル君が見たこの文は、最後の to を忘れていた文だったのです。こりゃダメだ。

お、もうひとつの文が出てきました。

visit の基本文です。visit となると、その直後に物体がネイティブの心に浮かびます。go の場合の to は、visit ではネイティブの心に浮かびません。

こちらのケースでも、もうひとつの文がネイティブの心に浮かんでしまいました。王ふたりのダメ状態です。

同じ物体 the city の合体です。まだ王はふたりです。

変身して王権停止力発動です。これでOKです。文の最後に to はありません。初めから to なんてなかったのですから、なくて当然です。

go です。to があります。自王(自動詞)です。go はこの自王パターンで、ネイティブの心に浮かびます。

visit です。to がありません。他王(他動詞)です。visit はこの他王パターンで、ネイティブの心に浮かびます。

英語ネイティブ自身は、このことは無意識です。第一言語です。日本語ネイティブは意識して覚えていきましょう。自王他王を意識しないで英語学習していると、上級者になれることなく生涯初心者レベルのままです。

この自王他王に関して、さらなる重大案件があります。それは別のエピソードで。

それでは今回はこれにて。

英語の検索はワーグナーミトミで。