ミトミの しつこく、ねちっこくまとわりつく現在完了形の呪縛から脱出だ

みなさんこんにちは、英語英会話コーチのワーグナーミトミです。今回はしつこくねちっこく、英語学習者を襲うケースを、エピソードテーマにお届けします。このしつこさ、ねちっこさは、やはり刷り込みの強烈さにあります。そのため「あ、そういえばそういうのもあった」と思い出しても、刷り込みの強烈さゆえに、すぐに忘却の彼方に消え去っていくのでしょう。しかし今回のパターンが消え去ると被害甚大です。今回のパターンは頻出するからです。ではこの大事なパターンを忘却の彼方に消え去らせないための、エピソード753スタートです。

本日もグーイグイ英語学習に邁進してるサトル君です。

これが見てる文ですか。

気になる点があるようです。

has    動詞(王)

stolen  過去分詞で動詞停止(王権停止)

という文構造です。

そーです、この並びだと

彼女は自分で自分のカバンを盗んだ

というテイストになります。まあそれを表現したいのならこの並びでいいのですが、そんなまれなケースを意図しているわけではありません。

彼女は彼女のカバンを盗まれた

というテイストを表現したいわけです。そうなると

この並びが英語ネイティブの心に浮かびます。よくある英語系ホームページでは、これに日本語訳つけてるだけです。ワーグナーミトミは違いますよ。もちろん。

ではこの並びの形成過程を見てみましょう。

これがスタート基本文です。基本通りの受動態の文です。

was   動詞(王)

stolen   過去分詞で動詞停止(王権停止)

ですな。

ところがこの受動態の文の前に

She has  (彼女は~されたテイスト)

が英語ネイティブの心に浮かんでしまいました。ここで

has と was

ひとつの文にふたつの動詞(王)

という重大な問題が生じてしまいました。こりゃまずい。

すかさず was を ing で動詞停止(王権停止)します。緊急事態を回避です。

おおっと、通りすがりの謎のネイティブ男、

being では was の過去テイストを感じない

ようです。これではダメです。

ありゃりゃ?was に ing つけてしまいました。これは通りすがりのあんちゃん がやりたがっていることですな。過去テイストを保持したまま動詞停止(王権停止)しちゃう方法です。

しかし、英語ネイティブの心にこれが浮かぶ日は来そうもないです。残念。

being   過去テイストないからだめ

wasing    英語ネイティブの心に浮かばないからだめ

もうほかに打つ手もないので、 have を宇宙の彼方から呼んできます。まあ英語ネイティブはほかに打つ手なし、とは意識していませんが。無意識の第一言語です。

いやーしかし、この瞬間は動詞(王)みっつのすごい光景ですな。

宇宙の彼方から呼んだ have を、すかさず ing で動詞停止(王権停止)です。

そして大事なのが、ワーグナーミトミが発見した

have の後には過去分詞しか英語ネイティブの心に浮かばない

have の後には3(過去分詞)しかないチョイナチョイナーhave3音頭ー

という不変の法則です。was は been になってしまいます。

has     動詞(王)

having    ing で動詞停止(王権停止)

been       過去分詞で動詞停止(王権停止)

stolen      過去分詞で動詞停止(王権停止)

これにて動詞(王)はひとり、OKです。

おおっと、出ました

俺たちネイティブ

ノリです。having been は見えなくても聞こえなくても、英語ネイティブ同士はわかってしまうそうです。

having been が透明バージョンになりました。これが英語ネイティブの心に浮かぶ並びです。

このパターン、もう忘却の彼方にはふっとびません。

それでは今回はこれにて。

英語の検索はワーグナーミトミで。