ミトミの 続出!英語学習引退、その原因は10代前半パターンからの脱出失敗だ

みなさんこんにちは、英語英会話コーチのワーグナーミトミです。今回はこれまた高校生と定期テストで高得点とるため、ここぞとばかりの準備練習をしていた最中に生じたケースをお届けします。これがまたよく頻発しまくるケースです。大きな原因は、10代前半に習う英文の並びパターンしか、英語学習者の心に浮かばないからです。英語学習では、途中から10代前半パターンでは通用しなくなります。これが10代半ばで、続々と英語学習引退者が大量発生する一大原因です。ではそんな一大悲劇を喰らわないための、エピソード767スタートです。

さてさて、今日も英語学習しまくっているサトル君です。

これが見てる文ですか。

request    頼む

inform     知らせる

というテイストです。

何か気になるようです。

request     動詞(王)

keep         不定詞で動詞停止(王権停止)

informed    過去分詞で動詞停止(王権停止)

という文構造です。動詞はひとつだけです。動詞ふたつ問題はありません。

それでも気になる点があるようです。それは一体?

その並びでしたか!そうです、それが英語ネイティブの心に浮かぶ並びです。

ではこの並びになる過程を検証していきます。

これが基本のスタート文です。inform は

inform 人 of 物

という並びで英語ネイティブの心に浮かびます。もちろん意図的に並べてなんかいません。無意識の第一言語です。

お、me を前に出して受動態になりました。me が前に出ていったので、この時点で informed の次に of がきます。この過程を知らないと、サトル君が見た文の並びにしてしまいます。

おおっと、その前に He keeps が英語ネイティブの心に浮かんでしまいました。動詞ふたつです、こりゃまずい。

すかさず ing で緊急処置です。動詞ふたつによる、文爆発崩壊の危機は回避されました。keep では、接続詞 that による動詞停止(王権停止)は、英語ネイティブの心に浮かびません。

I think that he is running.

は英語ネイティブの心に浮かびます。

I keep that he is running.

こちらは英語ネイティブの心に浮かびません。これは文法の話ではありません。語法です。個別の単語のパターンです。

英語学習では、英語ネイティブの心に浮かばないものを、日本語ネイティブが開始することはできません。できるのならワーグナーミトミが、英語をより習得容易なものにすべく、もうすでに大改革してしまっています。しかし、英語は英語ネイティブの言語です。ノンネイティブが変えられません。

後ろが being になってしまったら、もう I なんてバカバカしくてやってられません。keep の後ろなので me になります。

being informed の being なんか英語ネイティブ同士

俺たちネイティブ

のノリで

見えなくても聞こえなくても、わかってしまいます。being が透明になります。

おわわっと、さらにその前に I request が英語ネイティブの心に浮かんでしまいました。またまた動詞ふたつ問題再燃です。

文が爆発崩壊する前に、不定詞 to で動詞停止(王権停止)です。

後ろが to 動詞停止(王権停止)になったので、he なんてバカバカしくてやってられません。request の後ろなので him になります。

これが英語ネイティブの心に浮かぶ並びです。

こちらは英語ネイティブの心に浮かびません。

こちらが英語ネイティブの心に浮かびます。

英語学習とは、英語ネイティブの心中での、英文の形成過程を知ることです。英語だけによる、英文の形成過程です。そこに日本語は存在していません。当たり前です。

それでは今回はこれにて。

英語の検索はワーグナーミトミで。