ミトミの KEEP RUNNING このパターンはあるっちゃある、だが重大な点を意識せよ

みなさんこんにちは、英語英会話コーチのワーグナーミトミです。今回はとても多くの、ほとんど英語学習者全員が陥る、いや現状の日本の英語指導状況では、陥らざるを得ないケースがエピソードテーマです。今回のケースに、多くの英語学習者がはまり込みます。このはまり込みから脱出して英語力上級者に向かうために、ワーグナーミトミが贈るエピソード681スタートです。

今日も英語力向上に励むサトル君です。

これが見てる文ですか。

apply for   ~に応募する

というテイストです。

ん?サトル君、何か気になるところがあるようです。

王はひとりしかいません。この点はOKです。

はい、ありますが。

~し続ける  というテイストですが。

そうです、その観点が大事です。keep には自(自動詞)、他(他動詞)両方のバージョンでネイティブの心に浮かびますが、

他 のほうが回数が多い

です。そのため辞書の割いてあるスペースが

他 15センチ

自 3センチ

だったりします。こうしたケースでは、他 の

判定勝ち

です。英語は数学とは違います。ボクシングのように、判定決着があります。

自他両方あるので、どちらと言い切れない

という理由で

まったく教えない

という日本の英語教育の現状が、日本語ネイティブの英語力を生涯低いままにしています。ワーグナーミトミは、この現状を打破していきます。

おおっと、サトル君、閃きました。そうです

prevent 人 from ~ing

stop 人 from ~ing

keep 人 from ~ing

の ~させないトリオネタでした。keep は判定勝ちの他王 です。直後に名詞がネイティブの心に浮かびます。

こちらが正しい文でした。サトル君の見た文

これは日本語ネイティブが自他を意識していない状況で書いた、英語ネイティブの心には浮かばない文でした。

こちらが英語ネイティブの心に浮かびます。

自他の意識なしに、英語力上級者になることはありません。自他を意識して英語学習すると、グーンと英語力が上昇していきます。

それでは今回はこれにて。

英語の検索はワーグナーミトミで。