ミトミの 驚愕!7行以上も下降するマッコウクジラのような王権停止技があるぞ

みなさんこんにちは、英語英会話コーチのワーグナーミトミです。今回は英検準1級の授業中の英文構造解析中に、生徒が「ありゃりゃ?」となったケースがエピソードテーマです。そしてこの「ありゃりゃ?」となったケースが、前人未踏、人類史上初の新時代の英文法、ワーグナーミトミ英文法の奥義でもあります。それではその奥義をお届けする、エピソード703スタートです。

本日も英語学習に突き進むサトル君です。

これが見てる文ですか。

efforts   努力

similar   類似の

attempts   試み

establish    確立する

tribe   種族

resulted という結果になる

というテイストです。

英文構造解析中のサトル君です。

ここまでは来ましたか。近距離の王権停止技ですな。

そしてー。

おわっと、すごいぞサトル君。遠距離の王権停止技 接続詞after からの王権停止力を見抜きました。

深海にいるダイオウイカを襲うマッコウクジラのように、ドーンと7行以上も下降するのが接続詞です。サトル君もこの連載で英語学習してきて今回で703回目、見事にワーグナーミトミ英文法を習得してきています。

最後にこの文から、なくてもいい追加情報部分を取り払ってみましょう。

この動詞(王)ふたつでネイティブがOK気分になってくれるのなら、英語習得がずっと簡単なものになります。現在の日本のような、ごく少数しか英語上級者が存在しない惨状にはなっていないです。

でもこの動詞ふたつの文に、ネイティブがOK気分になる日は来ないです、あと46億年。そしてほかの国の言語を我々が変えることも、あと46億年できません。

ネイティブの心に従い、王権停止です。動詞(王)は一人きりです。ネイティブOK気分です。

それでは今回はこれにて。

英語の検索はワーグナーミトミで。