ミトミの ミトミだけがやる超絶追求、史上初の直接話法から間接話法変遷過程詳述

みなさんこんにちは、英語英会話コーチのワーグナーミトミです。今回は英語学習テーマの中でも特に「めんどくさい」、話法がエピソードテーマです。今回はめんどくさい話法の中でも、さらにめんどくさい疑問文のケースです。このめんどくさいケース、一足飛びに答えを提示されてもわけわかりません。もうめんどくさいの極致に至ります。そこで希代の、前例なき英語指導者ワーグナーミトミ、史上空前の精密な手順で直接話法から間接話法の変遷過程の詳細を、このテーマに苦しむ英語学習者の皆さんにお届けします。それでは、おおっと、この連載も700回目、エピソード700スタートです。

いよっ、今日も英語学習してるサトル君です。

これが見てる文ですか。これを間接話法にしなさい、という問題ですな。

まずは直接話法スタート文の文構造です。この ” ” がイヤになるわけです。ワンパターン嫌いです。

おお、” ” で王権停止されていたのが、” ” 消滅により王権停止力が消滅、王がふたりになってしまいました。こりゃまずい。

お、 said to がなくなり、asked が登場です。” ” の中が疑問文のケースでは、” ” がなくなると asked がネイティブの心に浮かびます。

消滅した ” に代わり、接続詞 if が登場です。でもまだこの状態だけでは、王権停止力が発動されません。

お、そうです、サトル君。この連載もこれで700回目、

自王(自動詞) 他王(他動詞)

の意識が常にあるサトル君です。この意識なしで英語学習している英語学習者がほとんどです。その状態で英語力を上昇させようとして、わけわからず大混乱、英語学習引退の道をたどる英語学習者がほとんどです。サトル君はその状態から脱出しています。

said to 人

asked 人

でネイティブの心に浮かびます。

ここで are が疑問文の位置から、本来の位置に戻りました。この手順をネイティブは無意識にしています。

does he like  を he likes

にするケースは、

ギモンハケン戻し

としていますが、be 王 の場合は、be 王 自体が移動するので

ギモン移動戻し

とします。

おや、you が I になりました。

そうです、” ” 王権停止の文では me と you が同一物体でした。しかし ” ” がなくなり

むき出し

になってしまいました。me と you 、えらいのは王のほうにいる me です。そのため you を me に合わせるわけです。me に合わせて I となります。

I になったので、are のままではダメです。I に合わせて am になります。お、サトル君、asked が過去なのを意識しています。

asked 王 が過去なので、am を was にします。この手順まで終了した瞬間、if から王権停止力が出ます。王はひとりになりました、すべてOKです。

 

この手順をネイティブは意識することなく瞬時にしてしまいます。そりゃ第一言語ですから。英語第一言語本能がない日本語ネイティブは、この手順をしっかり習得する必要ありです。しっかり習得してしまえば、その後の稼働スピードはドンドン速くなります。

それでは今回はこれにて。

英語の検索はワーグナーミトミで。