ミトミの 楽勝!これは動詞 名詞 SATISFIED の定番ネタだな、え?違うの!

 

みなさんこんにちは、英語英会話コーチのワーグナーミトミです。今回はTOEICで高得点を目指す大学生との授業中に出くわしたケースを、エピソードテーマにお届けします。「こんなネタにひっかかるかい、素人じゃないんだぜ」という気にさせといて、「えー、そんな馬鹿な」という展開になります。この展開過程が、これまた日本の英語教育に欠落しまくっているものです。でもこうした問題にしょげかえってはいられません。英語力上昇あるのみ、そんな英語学習者にワーグナーミトミがお届け、エピソード800スタートです。

本日も英語学習に余念なし、のサトル君です。

これが見てる問題ですか。(  )に単語を挿入するのですな。

挿入する選択候補です。3つあります。

サトルくん、このネタはおなじみのようです。

そうです、これが英語学習のスタートです。ところがこの英語学習のスタートを習っていない日本語ネイティブ英語学習者が全員!です。英語学習のスタートとなる重要事項を習わないのだから、日本語ネイティブが英習得習得できないのは当然です。

ワーグナーミトミは小学生も指導していますが、

go to   は自動詞だぞー

visit     は他動詞だぞー

これを気にしないで英語勉強してると、そこにまっているのは世にも恐ろしい~

と小学生に大力説しています。学校や塾の授業では、素通りされるからです。

まあ今回はこれがエピソードテーマではないので、このくらいにします。緊急にお伝えすることは山ほどありますが。ただひとこと

satisfy は他動詞バージョンで英語ネイティブの心に浮かびます。

The result satisfied Masao.

なので satisfy の直後に名詞が英語ネイティブの心に浮かぶわけです。

 

直後に with なんて前置詞があります。こりゃ

話になりません。さようなら。

もう問題見た瞬間にわかってた答えをいいましたね、サトル君。

The product satisfied customer.

これが satisfied が他動詞なので、直後の customer を前に出して受動態になり

Customer was satisfied with the product.

そしてこの受動態の文の出だしに

俺がさせたんだぜ

テイストが英語ネイティブの心に浮かんだので

I got customer was satisfied with the product.

でもこれでは動詞ふたつなので、 was を ing 処理して

I got customer being satisfied with the product.

ここでbeing なんざ見えなくても聞こえなくても、そこは英語ネイティブ同士わかつてしまうので透明バージョンになり

I got customer satisfied with the product.

という展開になる、と読んだサトル君です。さすがこの連載の主役を800回!務めてきただけのことはあります。

え?

えええ~

そういやそうです、customer は C(可算名詞)バージョンで英語ネイティブの心に浮かびます。

a customer

the customer

customers

他なんかつきます。なんもつかないで

customer

だけなんて英語ネイティブの心に浮かびません。これも自動詞他動詞とならんで、日本語ネイティブ英語学習者が習わない事項です。

I like orange~  なんて歌うたっていると、その語とんでもない苦労をしなければなりません。an や s をつけると歌いにくくなりますが。

たとえばこれなら英語ネイティブの心に浮かびます。customer に s がついています。

しかしこの問題文の customer には何もついていません。となるとこの問題の正解は

これでした。

customer satisfaction

という2連チャン名詞だったのです。いやーびっくりくりくり。

 

それでは今回はこれにて。

英語の検索はワーグナーミトミで。