ミトミの 惜しみなくお届け、英語力急上昇の練習方法がこれだ、え、HE はダメ?

みなさんこんにちは、英語英会話コーチのワーグナーミトミです。今回は英語力を急上昇させる、ワーグナーミトミ発案の、とっておきの練習方法をお届けします。ライティングであれスピーキングであれ、絶大な違いがでます。長い英語ネイティブのセリフにヒーヒー言わされ、こちらは短い文でフーフーリアクション返すだけという状況で、多くの英語学習者が生涯を終えます。この状態で生涯を終えてはもったいない。その先に行ける方法を、ワーグナーミトミはもっています。英語学習者を幸せにする奥義をお届け、エピソード724スタートです。

うん、今日も英語学習に突き進むサトル君です。

いいことです。手から英語出そうと、口から英語出そうと、脳でやることは同じです。英語脳を機能させることです。

王権停止力を駆使して。

なんだなんだ?サトル君が He と言ったとたんに、通りすがりのあんちゃん が近寄ってきましたぞ。

ほほ?これはまた珍しいアドバイスです。

そういうことでしたか!これは盲点でした、なるほど。

He でスタートすると、こういう文になりがちです。~ing 王権停止力の技はありますが、やはり文が短くなりがちです。

(注)昔のことわざに he who がありますが、現在は he who がネイティブの心に浮かぶことはありません。

このレベルにとどまっていては、5行、7行続く英語ネイティブのセリフの難度レベルまで、日本語ネイティブが英語力を上げることはできません。生涯英語初心者の道を進むことになります。

長い英語ネイティブのセリフをヒーヒー聞いて、短い短文リアクションを返す

これで生涯を終えてしまいます。この状態で満足?

長い英語ネイティブのセリフを楽々と聞いて、言いたいことをくまなく表現しているセリフを楽々と返す

ほうが幸せでしょう?一度度きりの人生、行けるんだからいきましょう。ワーグナーミトミ英文法の奥義、王権停止力で英語学習すればできます。

The boy who スタートにするだけで、これだけ文のレベルが急上昇します。そしてこのパターンまでくると、王(動詞)の後ろが短いので

後ろも長くしてバランス取ろう

という気分になり

こうした文が、日本語ネイティブの心に浮かぶ当たり前の文になっていきます。英語ネイティブの英語力に急接近します。

英語力を急上昇させる練習は

代名詞スタートではなく

名詞 関係詞スタート

これが英語力を英語ネイティブのレベルに急上昇させます。

それでは今回はこれにて。

英語の検索はワーグナーミトミで。