ミトミの こりゃわからん、の大混乱! EXCITING が動詞だったり分詞だったり

みなさんこんにちは、英語英会話コーチのワーグナーミトミです。今回はもう英語学習の最初から日本語ネイティブ英語学習者に多大な被害を与えている、わかりにくい現行文法の元凶をお伝えします。もう10代前半で、この迷惑な大被害をくらっています。英語学習強制引退につながるケースが続々です。そして恐ろしいことに、これをまた「新しい」英文法を提唱している方々も、踏襲してしまっているのです。でもここに真に「新しい」英文法を提唱する、ワーグナーミトミがいます。英語学習新時代の先駆者ワーグナーミトミがお届けする、真に「新しい」英文法、エピソード775スタートです。

(注)今回はイラストに動詞をしめす〇や、動詞停止力(王権停止力)をしめす矢印がありません。これは後ほど。

ふんふん、本日も英語学習してます、サトル君。

これが見てる文ですか。

excites   動詞(王)  興奮させる

あとは名詞ザコなので、動詞停止技(王権停止技)は存在しません。

お、もうひとつ別の文が出てきました。

何か思うとこあり、のサトル君です。

そうそう、そうなんですよ。ing がついているのに、この exciting を動詞にしちゃっています。伝統学校英文法ではもちろんですが、「新しい」英文法を提唱している方々も、この exciting を動詞にしちゃっています。

おや、また別の文が続くようです。

この文ですか。

そうそうそうそう、ほんとわかりにくい。ワーグナーミトミが指導している生徒たちからは、このわかりにくさに文句タラタラです。多くの日本語ネイティブ英語学習者が、「こんなんじゃやってられない」と英語学習引退に進む一大原因です。

ワーグナーミトミ英文法でいきます。

are   動詞(王)

exciting   ing で動詞停止(王権停止)

もうこの時点で動詞ではありません。

この文と同じ文構造です。もう形容詞です。

Games are exciting boys.

Are games exciting boys?

Games are not exciting boys.

英語ネイティブは are しか扱っていません。ing ついてる exciting なんかガン無視です。

They are strong boys.

Are they strong boys?

They are not strong boys.

are しか動かしません。strong なんざゴン無視です。同じですな。

are だけが動詞です。exciting なんざ初めから形容詞、strong と同じです。なんの混乱もありません。

Games are exciting boys.

の exciting が動詞で

Games are exciting.

になると exciting は分詞の形容詞用法だ~

なんてわかりにくい説明してるから、英語学習者は多大な被害をくらっています。

形容詞なのでこのパターンになるのも当然です。

ワーグナーミトミ英文法こそ、真に「新しい」英文法です。

それでは今回はこれにて。

英語の検索はワーグナーミトミで。