ミトミの 新説発表!英文を複雑にしてる間接疑問文、その真の正体を暴いたぞ

みなさんこんにちは、英語英会話コーチのワーグナーミトミです。今回は通常、間接疑問文の名のもとに指導されているパターンの、その真の正体を明らかにします。もちろん英文構造の深層を捉えるワーグナーミトミです。世にあふれている教科書、参考書、英会話本、英語サイトのような

紹介と日本語訳

しかしてないような、とても

分析しているというレベルではない

ものとは次元が違います。では次元が違うワーグナーミトミ英文法、そのエピソード777スタートです。

お、本日も英語学習しているサトル君です。

これが見てる文ですか。

何か気になるようです。

この文の何が気になるのでしょう?

疑問ポジション!なるほど。

基本スタート文から見てみましょう。

これが基本スタート文です。疑問文なので、動詞 is は疑問ポジションにいます。

おわっと、英語ネイティブの心に

Do you know

が浮かんでしまいました。「知ってるか」気分が加わったのですな。でもそのため動詞ふたつ問題が発生、この文は爆発崩壊します!

疑問ポジションにいた is を、本来の場所、肯定ポジションに移しました。

その瞬間に疑問詞 when が、接続詞 when に変身、動詞停止力(王権停止力)を発動、動詞ふたつ問題を解消しました。この状態になってから、英語ネイティブからこのセリフが出ます。

動詞ふたつ状態では、英語ネイティブの口から出ません。

ひとつの文中に動詞はひとつ

これが英語ネイティブ本能です。

be 動詞を疑問ポジションから肯定ポジションに移す

その瞬間に

疑問詞が接続詞になり動詞停止(王権停止)

これが間接疑問文の正体です。

それでは今回はこれにて。

英語の検索はワーグナーミトミで。