ミトミの SUGGEST~この文の異常さに気がつけ!英語力上級者への道はここにある

みなさんこんにちは、英語英会話コーチのワーグナーミトミです。今回は大学受験生との授業中に出くわしたケースから、英語力上級者になるために必須のテーマをお届けします。もちろん1点差で合格メンバーに入り込めるか否か?が決まる難関校受験では当然ですが、大多数の日本語ネイティブが辿る、生涯英語初心者から脱出したいすべての人々の命運を決めます。では命運決めるエピソード682スタートです。

今日も英語学習快進撃のサトル君です。

これが見てる文ですか。

サトル君、気になるところがあるようです。

そこです、そこ。この意識があれば英語力上級者に向かいます。なければ生涯上級者になることはありません。ところがこの部分の指導が、日本の英語教育からすっぽ抜けています。ワーグナーミトミは抜かしていませんよ。

これを知らないままで、英語学習している人がほとんです。

このパターンでネイティブの心に浮かびます。

ネイティブ自身は意識していません。第一言語です。無意識に心に浮かぶだけです。

文構造分析をします。これが基本スタート文です。

基本文だけでなく、この文もネイティブの心に浮かびました。同じ物体を感知するネイティブです。

同じ物体の合体です。ただそのため王がふたりです。このままにしておくネイティブはいません。

変身させて王権停止力発動です。これにて王はひとり、OKです。

the thing which を what ひとことにしてもいいな、という気分にネイティブがなることがあります。あ、しましたね。

おおっと、前に I am wondering がネイティブの心に浮かんでしまいました。wondering なんか ~ing でダメですが、am が王です。

王ふたり問題を解決するため、接続詞 if がネイティブの心に浮かびました。ただこれだけでは、ネイティブは if から王権停止力が発動していると感じません。

これです、王権停止力発動に必要な手順

ギモンハケン戻し

です。この手順を踏まないと、ネイティブは接続詞からの王権停止力発動を感じません。

ギモンハケン戻し

がすんだので、if から王権停止力発動、王はひとりになりました。すべてOKです。

ワーグナーミトミが指導しているのは、英語という言語の深層の構造をとらえた新文法

ワーグナーミトミ英文法

です。

それでは今回はこれにて。

英語の検索はワーグナーミトミで。