ミトミの 英作文がとてもしやすくなったぞ、FOR EXAMPLE に物凄い力があった!

みなさんこんにちは、英語英会話コーチのワーグナーミトミです。今回はほんとにホントに、「えーそうだったの!」というエピソードテーマです。研究者として世界に羽ばたくべく、ワーグナーミトミのもとでTOEFL修行をしている方との授業中に遭遇したケースです。今回の新発見で、英作文がとても楽なものになります。それほどの大発見を惜しげもなくお届けする、エピソード684スタートです。

さてさて、本日も英語学習してるサトル君です。

これが見てる文ですか。

もうひとつ見てる文がありました。最初のは for instace、こちらは for example ですか。どちらも 例えば というテイストです。

やはりそこに目がいきます。ん?なにやら地響きがしてますな。

王がふたりです。

こちらも王がふたー

おおっと、先ほどの地響きはこの 通りすがりのあんちゃん だったようです。ええ、for example には王権停止力があるって?

なんということでしょう、for example から、正確にはその直後から王権停止力が出ています!

なるほど、example の直後に「一例」としての a fact があり、この a fact に同格の that がついているのですな。

この a fact that が透明バージョンというわけでしたか。

これはびっくり、たまにネイティブの心に生じるケースではありますが

for example に王権停止力あり

です。これで

for example で文を続ける

ことができることが判明しました。これは英語の発信がとても楽になります。

それでは今回はこれにて。

英語の検索はワーグナーミトミで。