ミトミの 一瞬目を疑う複雑怪奇な文登場、真の英語力でその構造を暴くぞ

みなさんこんにちは、英語英会話コーチのワーグナーミトミです。今回は高校生にしてトンでもなく複雑な構造の英文を、学校で教材に使われてる生徒との授業中に遭遇したケースを、エピソードテーマにお届けします。一瞬「なんだこりゃ?」となりますが、そこで冷静に文構造を見抜く力こそ真の英語力です。ではその真の英語力を身につけていく、エピソード771スタートです。

本日も英語学習、ブレるということがないサトル君です。

おわっとっと、何を見たんだ?

この文を見たのですか。なんだなんだ?thinks が2連チャンだぞ。こりゃどういう文構造だ?

basis       土台

journalist    新聞雑誌記者

audience   観衆

というテイストです。

そうです、まず落ち着きましょう。

おや、これは thinks の数がひとつになっています。

うん、これなら知ってるサトル君です。だてに771回の連載の主役をはってきていません。

is    動詞(王)

thinks    関係代名詞 what で動詞停止(王権停止)

is           接続詞 that で動詞停止(王権停止)

という文構造です。

接続詞 that が透明バージョンになりました。透明バージョンは姿が見えないだけです。透明状態でそこに存在しています。動詞停止力(王権停止力)を発動して、文の平和を守っています。

is      動詞(王)

thinks   関係代名詞 what で動詞停止(王権停止)

is 接続詞 that 透明バージョンで動詞停止(王権停止)

という文構造です。

となると?

それそれ、それでしたー!

人 thinks が2連続で続いていたのでした。

is  動詞(王)

thinks  関係代名詞 what で動詞停止(王権停止)

thinks 接続詞 that 透明バージョンで動詞停止(王権停止)

is 接続詞 that 透明バージョンで動詞停止(王権停止)

という文構造でした。

英語学習とは、動詞まわりの文構造を見抜くことです。

それでは今回はこれにて。

英語の検索はワーグナーミトミで。