ミトミの 英文を見るときは、目の付け所が大事だ、目の付け所がずれてると英語習得は覚束ないぞ

 

みなさんこんにちは、英語英会話コーチのワーグナーミトミです。今回は内部進学の条件としてTOEFL・iTPで必要点数を取るための授業中に遭遇したケースを、エピソードテーマにお届けします。重要なのは、目の付け所です。この目の付け所がずれてしまっているケースが多発しています。この状態では得点を獲得するのは、非常に困難になります。そんな困難な状況には陥らないぞ、と始まるワーグナーミトミのサン英文法-SG-(前名は地動説英文法)エピソード1215スタートです。

うんうん、今日も英語学習に邁進するサトル君です。

これが見てる文ですか。お、まだ続きます。

ここまででした。

これでひとつの文です。

さてさて、何を思う?サトル君。

この文を見て。

 

それを思うかー。

でもこの use が桁外れに重要です。

これが本体の文です。

is  動詞(王)太陽

going  ing で動詞停止(王権停止)惑星

buy  不定詞 to で動詞停止(王権停止)惑星

building  ing で動詞停止(王権停止)惑星

という文構造です。太陽系に太陽がひとつです。生存可能です。

おおっと、そこに追加情報の文が英語ネイティブの心に浮かんでしまいました。

use  動詞(王)太陽

building  ing で動詞停止(王権停止)惑星

training  ing で動詞停止(王権停止)惑星

という文構造です。太陽系に太陽がひとつです。生存可能です。

追加情報が本体に突入しました。今回は the building の追加情報なので、building と本体の文のピリオドの間に突入しました。この突入のため

is  動詞(王)太陽

going  ing で動詞停止(王権停止)惑星

buy  不定詞 to で動詞停止(王権停止)惑星

building  ing で動詞停止(王権停止)惑星

use  動詞(王)太陽

building  ing で動詞停止(王権停止)惑星

training  ing で動詞停止(王権停止)惑星

という文構造になりました。太陽系に太陽がふたつです。生存不能です。

生存不能状態を脱出すべく、追加情報内の the building が前に移動です。

移動した the building が関係代名詞 which に変身、動詞停止力(王権停止力)を発動です。

is  動詞(王)太陽

going  ing で動詞停止(王権停止)惑星

buy  不定詞 to で動詞停止(王権停止)惑星

building  ing で動詞停止(王権停止)惑星

use  関係代名詞 which で動詞停止(王権停止)惑星

building  ing で動詞停止(王権停止)惑星

training  ing で動詞停止(王権停止)惑星

という文構造になりました。太陽系に太陽がひとつです。生存可能です。

これ、これ、これが大事。(注1)これが我が国の英語教育から欠落している重大事項。

use は他動詞バージョンで英語ネイティブの方々の心に浮かぶ動詞。なぜ?それは英語ネイティブ自身は意識してない、意識できない言語本能。日本語ネイティブ英語学習者は

あ、そーすか

で受け入れるしかない。これは use という動詞に特有の

語法

です。use という動詞に特有なものです。文法ではありません。

それでは今回はこれにて。

英語の検索はワーグナーミトミで。

(注1)「グランドセンチュリー英和辞典」第4版 宮井捷二 三省堂 2017年 P1761

© 2017 Mitomi's world, All rights reserved.