ミトミの 英検準1級面接プラス6合格、それを可能にした重大要素がこれだ

みなさんこんにちは、英語英会話コーチのワーグナーミトミです。今回は英検準1級面接テストにプラス6合格、英検1級合格基準点も超えてしまった、6ヶ月ワーグナーミトミが指導してきている女子高生との授業中に遭遇したケースを、エピソードテーマにお届けします。この女子高生が「英語よくわかんなーい」状態から英語力上級者にのしあがった理由は、ワーグナーミトミ英文法の至宝、動詞停止力(王権停止力)の習得にあります。その練習過程でよく起きたのが今回のケースです。今回のようなケースをやらなくなっていく課程で、この女子高生の英語力は上級者レベルに急上昇しました。ではそのケースとはどんなものか?英語力急上昇のサクセスロード、エピソード810スタートです。

今日も英語学習に突き進むサトル君です。

これが見てる文ですか。

気になるどころではない、重大な問題を発見したようです。

この文の重大な問題点とは?

それでしたー。

これはまずい、関係代名詞 who から出ている動詞停止力(王権停止力)の行き先がありません。この状態だと

 

動詞(王)として、唯一生き残らなくてはならない looks を動詞停止(王権停止)してしまいましたー。ぐわー。

英文を死滅させる、恐怖の全動詞停止(全王権停止)です。ひえ~。

これならOKです。

is   関係代名詞 who で動詞停止(王権停止)

play   ing で動詞停止(王権停止)

looks    動詞(王)

という文構造です。

英語ネイティブ同士は、who is が透明バージョンでもわかつてしまいます。

そのためこちらの who is 透明バージョンも、英語ネイティブの心に浮かびます。こちらもOKです。現行英文法では、こうなると突然「分詞だ」としていますが。いや最初から playing は分詞です。

 

この時点ですでに playing は分詞です。ing で動詞停止(王権停止)されています。

それでは今回はこれにて。

英語の検索はワーグナーミトミで。

おお、エンディングの後にどうしたんでしょう?

そういやそんなよーな。

そうそういっぺんに大量の情報てんこ盛りは、ワーグナーミトミワールドではないです。別の機会に。

それでは今回はこれにて。

英語の検索はワーグナーミトミで。