ミトミの 英文構造解析の重大コンセプト「空気」、その誕生の原点に立ち返るぞ

みなさんこんにちは、英語英会話コーチのワーグナーミトミです。今回は英文構造を解析していく上で非常に大事な新表記を、よりシンプルに、より原点に立ち返りお届けします。それでは英文構造の重要な要素を表現する新表記、その  in the beginning エピソード779スタートです。

本日も英語学習、歩み続けるサトル君です。

これが見てる文ですか。

think   動詞(王)

is       接続詞 that で動詞停止(王権停止)

という文構造です。OKです。

おお、通りすがりのあんちゃん、わざと?来ました。え、新表記ですか?

これが 接続詞 that 透明バージョン の新表記のようです。

うんうん

この見えるバージョンも

こちらの透明バージョンも拒否すると?

空気しかない!空気からは動詞停止力(王権停止力)は出ないので、is が動詞になってしまうのですな。こりゃまずい。

空気には頼れないので、不定詞 to が登場、動詞停止力(王権停止力)を発動です。緊急事態を回避しました。

後ろが to になってしまい、さらにもはや接続詞 that もない、こんな文のど真ん中で he なんてやってられません。him になります。こちらもありです。

それでは今回はこれにて。

英語の検索はワーグナーミトミで。