ミトミの 大ダメージ、鉛筆 PENCIL と覚えることが、後の大災害の原因だ

みなさんこんにちは、英語英会話コーチのワーグナーミトミです。今回は本日も医学部受験生を苦しめた、日本英語教育の一大欠落事項をエピソードテーマにお届けします。今回の医学部受験生受難ケースは、英語教育の最初の段階での適切な指導がされていれば、受難しなくても済んだものです。ところがそれがされていないので、本日も大変でした。ではそんな大変な事態に落ちいらず、英語力上昇路線をひた走るための、エピソード790スタートです。

本日も英語学習、やることにブレないサトル君です。

これが見てる文ですか。

気になるところがあるサトル君です。

wonder    動詞(王)

take   間接疑問文中の which で動詞停止(王権停止)

という文構造です。

I should take

と肯定文並びになっているので、疑問詞 which が接続詞になり動詞停止力(王権停止力)を獲得、take を動詞(王)でなくしています。動詞(王)ふたつ問題はないです。

それでも気になるところがあるサトル君です。

この文のどこが、英語ネイティブの心に浮かばないのでしょうか?

その点でしたか!

おおっと、ここで遅ればせながら正体不明、謎のネイティブ男の乱入です。ただ

course

だけでは、course という名詞が英語ネイティブの心に浮かぶことはないようです。course は

a pen     pens

と同じ

C 名詞バージョン (可算)

で英語ネイティブの心に浮かぶので、なんもなしの

course

では英語ネイティブの心に浮かぶことはなく

単数なら a course     複数なら courses

で英語ネイティブの心に浮かぶのです。

(注)特定テイストの場合は、a が the になります。

ほんとに英単語を覚える際に

鉛筆  pencil

と習って覚えてしまうので、とかく10半ば以後は苦難の連続になります。行きたい進路に進めない悲劇が続出しています。最初から

鉛筆  a pencil   pencils

と覚えておけばいいのです。最初からこう覚えれば

pencil だけに違和感

を覚えるようになります。これが英語力です。

サトル君の見た文のケースでは

which が the の代わりにいます。

You like the pencil.

You like which pencil.

Which pencil do you like?

という文形成過程です。この文の前に I wonder が英語ネイティブの心に浮かぶと

I wonder which pencil do you like?

となりますが、この疑問文並びのままでは wonder と like で動詞(王)がふたつなので

ギモンハケン戻し

をして

I wonder which pencil you like.

となります。which の直後に pencil です。

こちらがサトル君の見た文の、英語ネイティブの心に浮かぶ正解バージョンです。

which course

which と course はくっついています。

 

それでは今回はこれにて。

英語の検索はワーグナーミトミで。