ミトミの 現在完了形の呪縛、恐るべし、その正体を見抜け、現在完了形ではないぞ

みなさんこんにちは、英語英会話コーチのワーグナーミトミです。今回はとにもかくにも、英語学習者が習得に大苦戦するケースがエピソードテーマです。どのくらい大苦戦するかというと、今回のテーマで、ある生徒は60分の中で3回しくじりました。その理由は刷り込まされた現在完了形です。現在完了形の刷り込みが、足をひっぱるわけです。なぜなら現在完了形に見えて、その正体が違うからです。ではそのやっかいな正体は何か?エピソード747スタートです。

お、本日も英語学習に突き進むサトル君です。

これが見てる文ですか。

何か思うところがあるようです。

動詞(王)はひとつだけです。

is     動詞(王)

said    過去分詞で動詞停止(王権停止)

have    to 不定詞で動詞停止(王権停止)

repaired   過去分詞で動詞停止(王権停止)

という文法構造です。さて。何が気になるのでしょう?

なるほど、そうでした!この並びだと、Masao が

店に行き、自分で修理したところだ

ということになってしまいます。こりゃ妙です。

店に行き、修理してもらう

という、よくある内容を表す並びではないです。ではこのよくあるケースを表す並びを、ワーグナーミトミ英文法で追求していきます。

これがスタート基本文です。基本通りの受動態です。

ところが

彼は、彼のバイクを修理してもらう

というテイストが英語ネイティブの心に浮かぶと

He has

が英語ネイティブの心に浮かんでしまいます。そうなると has と is のふたつの動詞(王)問題が生じます。

そこで to 不定詞で動詞停止(王権停止)をするのが基本形です。ところが

have(has) は、make のように

使役パワー

を持ちます。そのため to 不定詞を透明バージョンにしてしまいます。

これが使役動詞による動詞停止(王権停止)のケースです、

おおっと、ここで謎のネイティブ男の乱入です。この be は英語ネイティブ同士なら

見えなくても聞こえなくてもわかってしまう

そうです。こりゃ英語ネイティブ同士の

俺たちネイティブ

のノリです。

俺たちネイティブ

のため、be が透明バージョンになります。これが日本語ネイティブが習得に苦労する

have 名詞 過去分詞

並びの正体です。通常の説明では「こういうパターンなので暗記しましょう」なんてことしか言えません。しかし英語という言語の深層まで突き抜ける、ワーグナーミトミの解析は違いますよ。

この並びでは

~してしまう

というテイストです。

この並びで

~してもらう

というテイストになります。

英語学習は単語、熟語を覚えるのが大変です。文法まで暗記ではやってられません。この窮地にワーグナーミトミ参上!ワーグナーミトミ英文法を通して、日本語ネイティブの心に、英語ネイティブのように英文が心に浮かぶようになっていきます。

それでは今回はこれにて。

英語の検索はワーグナーミトミで。