ミトミの 透明バージョンの THAT よ、どこにいる?見つけられたらかなりの英語力

みなさんこんにちは、英語英会話コーチのワーグナーミトミです。今回は新進気鋭の?高校生との授業で遭遇したケースを、エピソードテーマにお届けします。この高校生はー英語教育史上の金字塔ーワーグナーミトミ英文法の動詞停止論(王権停止論)の習得に、前のめり気味にがんばっています。その過程の途中で、ついよく陥るケースがいくつかあります。今回はそうしたケースのひとつです。こうした経験をしていくその過程の中で、英語ネイティブ本能にせまっていく高度な英語力が育成されていきます。では動詞停止論(王権停止論)指導のリアルの現場から直送、エピソード743スタートです。

今日もわき目もふらずに、英語学習に夢中のサトル君です。

これが見てる文ですか。

何か気になるところがあるようです。

お、まずい点に気がついたサトル君です。さすが連載743回目。

そうです、動詞(王)がふたつありました。こりゃ英語ネイティブの心に浮かびません。英語ネイティブの心に浮かばなきゃ、そりゃダメです。彼らの言語です。日本語ネイティブが、より簡単に変えられるものではありません。それをしていいんなら、ワーグナーミトミがとっくの昔にしています。

ひとつの文に動詞(王)がたくさんあってもいいよ~

複数形はめんどくさいから全部単数でいこう、a も the もなしだ

とか。これができれば英語は、日本語ネイティブにとってけたはずれに簡単な言語になります。でもそんなことできる日は来ません。

来ることはない日を夢見ていてもムダなので、現実の状況を進歩させます。

そんなところに that が透明バージョンでいません。

この文を書いた人は、was の存在に困ったのです。苦し紛れに 「that と it の間に that 透明バージョン がある」としたのですな。ないです。

I eat fish to be healthy.

ならありです。不定詞 to が be を動詞停止(王権停止)してくれています。動詞は eat ひとつだけです。しかし

I eat fish that to be healthy.

なんて英語ネイティブの心に浮かびません。不定詞to がすでに be を動詞停止(王権停止)しているのに、さらに接続詞 that が登場?接続詞 that から出る動詞停止力(王権停止力)の向かう先がありません。これでは接続詞 that から出た動詞停止力(王権停止力)は、動詞(王)の found を襲撃してしまいます。これは恐怖の

全動詞停止(全王権停止)

状態です。文は全動詞全滅崩壊です。この並びは、英語ネイティブの心に浮かぶことなき並びです。

さてサトル君、英語ネイティブの心に浮かぶ正解を見出せるか?

やったー、お見事!そこです、そこに that 透明バージョン がいます。

接続詞 that が found の後ろにいます。

I thought that ~

と同じパターンです。ただ that から後ろの並びは、このままではありません。

これが英語ネイティブの心に浮かぶ、正しい並びです。

found     動詞(王)

was        接続詞 that で動詞停止(王権停止)

eat          不定詞 to で動詞停止(王権停止)

という文法構造です。動詞は found ひとつだけです。OKです。

接続詞 that が透明バージョンになっても、動詞停止力(王権停止力)は発動しています。この接続詞 that が

見えるバージョン 見える聞こえる

透明バージョン 見えない聞こえない

どちらでも英語ネイティブ同士は

俺たちネイティブ

の英語本能でわかり合ってしまいます。日本語ネイティブには英語ネイティブの英語本能はないですが、知っていくことで高度の英語力を獲得していけます。

それでは今回はこれにて。

英語の検索はワーグナーミトミで。