ミトミの これは小ネタ?いや、理系受験の勝敗を決めるのは、意外にもこれだ

みなさんこんにちは、英語英会話コーチのワーグナーミトミです。今回も高校生と定期テスト対策をあれこれ、これあれ、していた最中に出くわしたケースがエピソードテーマです。これまた「あれれ?~だったっけ?」となってしまうケースです。こうしたことをしっかりやっていくことが大事です。また今回のケースでは、英数なんて並べて表現すべきではない理由が浮き彫りになります。数学ではありえないことが、英語では日常茶飯事です。理系の受験生は、数学はできて当たり前です。みんなができる数学では、大きな差はつきません。合否、勝敗は英語で決まります。その勝敗を決める英語の力を上げる、エピソード785スタートです。

おっ、今日も英語学習してますな、サトル君。

これが見てる文ですか。

気になる点があるようです。

この文のどこが?動詞(王)は put しかない、シンプルそのものの文ですが。

くっついてる?この場合はコートとジャケットしかないですが。まあジャケットの上にコートを着ているので、くっついてるっちゃあくっついていますが。

above じゃあなく、over だったー。

テーブルとテーブルクロス

の状況です。おおう感じでくっついています。

Masao put on a white coat over the black jacket.

あ、そうなんですか。さすが判定勝負のある英語、判定勝負なんてない数学と違います。

Masao put on a white coat over the black jacket.

Masao put on a white coat above the black jacket.

over の判定勝ちです。over のほうが、英語ネイティブの心に浮かぶ回数が多いです。

こうしたネタを仕入れている者が勝利者になります。

それでは今回はこれにて。

英語の検索はワーグナーミトミで。