ミトミの これはやりがち、受動態で前置詞2連チャンに弱気になってしくじるな

みなさんこんにちは、英語英会話コーチのワーグナーミトミです。今回は女子高生と受動態の整序問題(バラバラの単語を並べる問題)をやっていた最中に、出くわしたケースをエピソードテーマにお届けします。実際にやってみると「これはやりがち」、というケースです。この「やりがち」な理由は、日本語ネイティブが。「んん?」と弱気になるケースにぶち当たることにあります。ではそんな弱気を乗り越えていくための、エピソード749スタートです。

いよっ、本日も英語学習するサトル君です。

これが見てる文ですか。

え、この文のどこが気になるのでしょう?

was     動詞(王)

lost      過去分詞で動詞停止(王)

何より大事な、動詞まわりは問題ないようですが。

気になるところは~

そこでしたか。たしかに後ろに of があるので、the が英語ネイティブの心に浮かびます。

The sight of his hometown moved him to tears.

この文では、ー彼の故郷のその光景ーが彼を泣かせたのですな。

まあ sight には

He came in sight of land.   ~陸の見えるとこまで来た

というパターンでも英語ネイティブの心に浮かびます。しかし、この文には lost があります。

そうです

lose sight of  ~を見失う

ネタです。

これがスタート基本文です。

やられ物体の Masao を前に出しての受動態にすると、こうなります。これが英語ネイティブの心に浮かぶ正解文です。

Masao was lost in the sight of the crowd.

これなら英語ネイティブの心に浮かぶこともありそうですが、the がもう一つ必要です。

この正解文の

of in 前置詞2連チャン

に弱気にならないことが大事です。

of と in の間にあった Masao が前に移動した

ので

of と in は必然的にくっつく

のです。受動態や関係代名詞により英語ネイティブの心では、 前置詞2連チャン は当然のこととして、まったくもって無意識に起きています。

英語ネイティブの心中での英文の動きを知ること、これこそが英語学習です。そこに日本語は存在しません。

それでは今回はこれにて。

英語の検索はワーグナーミトミで。