ミトミの 日本語訳して「よし」と思う、これが英語習得を不可能にする英語学習法だ

みなさんこんにちは、英語英会話コーチのワーグナーミトミです。今回は土壇場で医学部受験に舵を切ったため、大変な状況の高校生との授業中に遭遇したケースを、エピソードテーマにお届けします。とにかく日本語訳を通してして英語を学ぶ、という日本古来の悪しき伝統を続けていては、英語力初心者で生涯終了します。日本語訳を通して英語を学ぶことは

椅子を通してシャチの生態を学ぶ

と同じことをしているからです。日本語と英語は椅子とシャチほどもかけ離れている言語なので、これは当然です。

英語しか存在しない英語ネイティブの心の中で、英文がどのように形成されるか

これを知ることが英語学習です。これこそが、唯一無二、前例なし、後の例もなし、一世一代、不世出の英文構造分析学者ワーグナーミトミがお届けしているものです。それでは真実の英語学習の道を行く、エピソード794スタートです。

(注)単語を覚えるのには、日本語が必要です。英英辞典の長いタラタラ説明なんざ、とんと記憶に残りません。

うん、今日も英語学習に前進、前進また前進、のサトル君です。

これが見てる文ですか。

え?この文に気になるところがあるのですか?

know    動詞(王)

has       関係代名詞 which 透明バージョンで動詞停止(王権停止)

spent    過去分詞で動詞停止(王権停止)

という文構造です。別に動詞(王)がふたつあるわけではありません。

それでもやはり気になるところがあるようです。

この文のどこに?

そこでしたか!

これが基本の文です。spend は英語ネイティブの心に

spend much effort the project

のような名詞2連チャンパターンでは浮かびません、give ではないので。途中に前置詞 on が、英語ネイティブの心に浮かびます。これは文法ではありません。spend という単語に固有の語法です。

これが基本コンセプト文です。この基本コンセプト文が、英語ネイティブの口から出ることはありません。理由はワーグナーミトミ英文法を知る英語学習者なら一目瞭然、

動詞がふたつ

あるからです。こりゃだめです、話になりません。英語という言語でこれだけはだめです。英語という言語の所有者、英語ネイティブがやらないからです。

動詞(王)ふたつ問題を解決するため、the project 2号が前に移動しました。この時点で、文の最後が on になっています。

the project 2 号が which に変身、動詞停止力(王権停止力)を発動して動詞(王)をひとつにしました。これにてOKです。

the project 2 号は後ろから移動してきたので、which を透明バージョンにする英語ネイティブもいます。透明バージョンで見えなくても

そこに存在している

ので、動詞停止力(王権停止力)は発動されています。こちらもOKです。

英語学習とは文法学習だけではありません。語法学習も不可欠です。

それでは今回はこれにて。

英語の検索はワーグナーミトミで。