ミトミの WHEN EATING これを意味はわかるから、で流すな!英語本能を獲得だ

みなさんこんにちは、英語英会話コーチのワーグナーミトミです。今回は非常によく目にするケースではあるけれど、「意味はわかるからまあいいや」ノリですましていると英語力が停滞してしまうケースを、エピソードテーマにお届けします。英語力とは、英語ネイティブが無意識にしている言語操作の過程を知り、それを実践していく力です。この力をつければ、つまらない、やってられない例文暗記なんかに頼らなくても、英語ネイティブのように心に英文が浮かんできます。ただ日本語ネイティブには英語本能がないので、英語本能がしていることを知る必要があるのです。では本物そのものの英語力、英語本能がしていることをお届けする、エピソード811スタートです。

今日も英語学習してるサトル君、この積み重ねが巨大な英語力を育てます。

これが見てる文ですか。

この文に思ううところあり、のサトル君です。

そういうことを思ってましたか。

何か閃きそうなサトル君です。

閃いたー。

これがサトル君の見た文の、本来の姿です。

feels  動詞(王)

is       接続詞 when で動詞停止(王権停止)

eat     ing で動詞停止(王権停止)

という文構造です。

この he is を、英語ネイティブ同士は

見えなくても聞こえなくてもわかっちゃうな

と感じます。動詞 feels のほうに he がちゃんといます。is には run (走る)などと違い、特定のテイストがないからです。そこで

ワンパターン嫌いの英語ネイティブは

he is が見えるフルバージョンも

he is が視界から消えてる透明バージョンも、両方OKと感じるのです。

それでは今回はこれにて。

英語の検索はワーグナーミトミで。